Venus Plus Ploject恋に仕事に家庭に、頑張るあなたの“女性磨き”

report

2/27開催
第108回 ヴィーナスプラスセミナー

春のぽかぽか陽気を感じるこの頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?
2月のヴィーナスセミナーは、カラーセラピスト・青柳みか先生による「気になる色は何色?『色』から見つめる本来の自分」でした。

まず皆さん、『色』は何色まで分かれていると思いますか?
正解は、 色は分けることが出来ません。
確かに、虹色を作る時は普通、7色使いますが、これは物理学者・ニュートンが人間の視覚認識に合わせて定義したものです。 しかし、私たち人類はその『色』の微妙な違いによって、メンタルをコントロールすることが出来ます。 例えば、赤やオレンジといった暖色を見た時は、「あたたかい」「情熱」「愛」といった印象を受けますが、 青や水色といった寒色を見た時は、「さむい」「冷静」「知的」といった全く別の印象を受けます。

皆さんにも、大切な人のプレゼントを選ぶ時「この人はこの色だなぁ」と、その人のイメージに合わせて買った経験があると思います。 今回は最初のレクリエーションとして、全員にミニ・カラーフラッグが渡されました。 “参加者全員とアイコンタクトだけで挨拶し、その人の第一印象に合ったカラーフラッグを挙げる”というユニークなワークを行いました。皆さんそれぞれ、よく挙がる色もあれば、絶対に挙がらない色もあって、大いに盛り上がっていました!

次に、『色』には様々な印象を表現することを踏まえた上で、誰か一人をそれぞれ思い浮かべながら、その人のイメージに合った色を3色選びました。 その後、グループ内でその人がどんな人か、選んだ3色に理由をつけて説明しました。 皆さんのお母さんや旦那さんの人間像が浮かんできました。

最後に、「今の自分」、「周りの人間関係」、「理想の自分」という3つのテーマに合わせて色を選びました。 「最近ピリピリしてしまうから、今の自分は赤です。」という方や、「安定した家庭でありたいから黄緑。」という方もいらっしゃいました。

「その中でも、最も重要だと思う色は何色ですか?」(みか先生)という疑問を投げかけた時は、皆さんかなり真剣な様子で選んでいました。

カラーセラピーは、『今の自分の状態を知り、受け入れる』という効果があります。 カラーセラピーを通して、普段悩んでることと落ち着いて向き合い、心地よい気持ちで過ごしていきましょう🎵
時々、『私って何色だと思う?』と誰かに問いかけてみるのも、楽しいかもしれませんね☆

UXサポーターズ9期生
高橋美帆

PAGE TOP