アナとみんなのおはなしよんで

柏崎市立日吉小学校

柏崎市立日吉小学校での様子

11月の「アナとみんなの『おはなしよんで!』」は初めて小学校におじゃましました。おじゃましたのは、柏崎市立日吉小学校です。
新たな発見がたくさんありました。それは小学校に入学すると幼稚園・保育園児とこうも違うものかという驚き・・・わずか1歳の違いですが、その集中力や表現力は大したものです。
そして徐々に自分で考え、自分の言葉で表現することができるようになるんですね。当日は、1年生33名、2年生38名の71名の生徒が「笑顔のつながり~YOU&ME&UX」の唄で迎えてくれてとっても感激しました。私たちが元気をもらって帰ることができました。
今回伺ったのは、宮里伸哉アナと三河かおりアナの二人です。

宮里伸哉アナウンサーからの一言

宮里アナ

今回、初めての参加となりました。
しかもUXにとって初めての小学校訪問ということで
どのような反応を示すのか?不安と緊張を感じていました。

しかし、、、子供たちのはじけるような笑顔、元気に本当にびっくりしました。
僕らの方がパワーをもらいました。
人の話を真剣に聞く、しかも耳ではなく心で聞くというのは本当に大切なことなんだなと思います。 大人になると忘れてしまうような大事な大事なことを思い出させてくれました。
日吉小学校のみんなが今の気持ちを忘れず勉強、運動に頑張って きっときっと素晴らしい大人になることを心から願っています。

今回読み聞かせを行った絵本・紙芝居

「すてきな三人ぐみ」
作・絵:トミー・アングラー 訳:今江祥智 偕成社
「このよでいちばんはやいのは」
作:ロバート・フローマン 絵:あべ弘士 訳:天野祐吉 福音館書店
「そらとぶパン」
作・絵:深見春夫 PHP研究所
「いいからいいから」
作・絵:長谷川義史 絵本館

読み聞かせ当日の様子

うえに
もどるよ