アナとみんなのおはなしよんで

東小針保育園

東小針保育園での様子

9月の「アナとみんなの『おはなしよんで!』」は、新潟市の「東小針保育園」におじゃましました。東小針保育園には142名の園児が元気に通園しています。

この日は3~5歳児93名の園児を前に絵本と紙芝居の読み聞かせを行いました。 今回伺ったのは、小山裕久アナと高橋美穂アナの二人です。

小山裕久アナウンサーからの一言

小山アナ

東小針保育園の おともだちのみんな!
たのしい 時間を どうも ありがとう!

ステージの上に立つと
誰ひとり顔が重なっていなくて
みんなの顔がよく見えるんです。

それだけ、みんなの視線が
絵本や紙芝居に向けられていると いうことですよね~。

何かを真剣に見つめている 子どもたちの
目ってほんと かわいいですね。
また いっしょにたのしい時間をすごしましょう!

髙橋美穂アナウンサーからの一言

髙橋アナ

元気いっぱいの東小針保育園の子供たち。
「こんにちは」しっかりと大きな声で言えます!
「ありがとう」目を見て伝えてくれます!
そんな子供たちの立派な姿がとても印象的でした。

私たちが紙芝居や絵本を読んでいる最中、
子供たちは、初めて聞くお話でも、知っているお話でも、
真剣な眼差しで一生懸命聞いてくれました。
きっと、それぞれ色んなことを想像しているのでしょうね。
みんなの目はキラキラ輝いていました。

子供たちの純粋な表情を見ていると、私自身、すごく優しい気持ちになれました。
もっともっとみんなの笑顔が見られるように、
これからも思いを込めて読み聞かせを届けます!

今回読み聞かせを行った絵本・紙芝居

「おおきくおおきくおおきくなあれ」
まついのりこ脚本・絵 童心社
「ごきげんのわるいコックさん」
まついのりこ脚本・絵 童心社
「わにわにのおふろ」
作:小風さち 絵:山口マオ 福音館書店
「はじめてのおつかい」
作:筒井頼子 絵:林 明子 福音館書店

読み聞かせ当日の様子

うえに
もどるよ