720日(金) 深夜11時10分 放送
7月21日(土)午前11時40分 再放送

第16話 新潟・白根仏壇

木地、彫刻、金具、塗り、蒔絵、箔押し。
匠の技が集結した瞬間。
荘厳な輝きを放つ、新潟・白根仏壇が仕上がります。

backnumber

第15話 尾瀬の滝

尾瀬国立公園にある日本最大級の滝「三条の滝」。
特に初夏は、尾瀬の雪解け水が集まって水量豊富。
一気に落ちて、砕け散る。堂々たる滝の姿。

第14話 田中泰阿弥の庭

北方文化博物館、清水園。
志の高い仕事ぶりが心に響きます。
天才庭師は壁ひとつにも妥協はありませんでした。

第13話 新しい海の物語 うみがたり

生まれ変わった上越市立水族博物館「うみがたり」。
夕映えで日本海と大水槽がつながる瞬間。
海と人をつなぐ、新しい物語の始まりです。

第12話 燕の金工魔術 鎚起銅器

燕の地で、江戸時代から伝え継がれた技、鎚起銅器
叩いて起こし、叩いて絞り、叩いて整える。
長年の修行で培った勘一つで美しい地肌を生みだします。

第11話 しも風に舞い上がれ 白根大凧合戦

6月初めの5日間。凧一色に染まる白根。
中之口川を挟んで、力の限り凧を引きあいます。
相手の綱を切った方が勝ち。300枚の大凧が空を舞います。

第10話 鯛が跳ねる島 粟島

海と空が溶け合う所にぽっかりと浮かぶ“粟島”
見渡す限りの大自然に囲まれ、
春から夏にかけては、鯛漁が最盛期を迎えます。

第9話 新緑の風薫る 奥只見湖遊覧船

奥只見の春は、里よりも一足遅れてやってきます。
目の前に広がる新緑と残雪の広大な景色。
奥只見湖遊覧船で山の春を感じる旅へ

第8話 雲蝶の真骨頂 開山堂天井彫刻

魚沼市にある名刹・西福寺。
幕末の彫刻家・石川雲蝶の作品が残る。
大胆にして繊細な作品の生み出す迫力に息を吞む。

第7話 狐の嫁入り

言い伝えから生まれた「つがわ狐の嫁入り行列」
美しい狐の花嫁に変身し、夜の街道を練り歩く。
大勢の祝い客に見守られる中、2人は深い契りを結びます。

第6話 ハイカラ絨毯 チューリップ畑

胎内市の砂丘地は全国有数のチューリップ産地。
色鮮やかなチューリップが、まるで絨毯のように
広大な砂丘地一面に広がります。

第5話 雪国に咲く花模様 十日町友禅

絢爛豪華な十日町友禅。
一色ずつ少しずつ、白生地が花模様に染まる。
雪国に咲く花模様は、着る人の大切な日を飾ります。

第4話 SLばんえつ物語

優美な姿から「貴婦人」とも呼ばれるC57型蒸気機関車
鉄道のまち、にいつを出発し、
懐かしい風景へタイムスリップします。

第3話 春爛漫 高田公園の桜

日本三大夜桜の一つ、高田公園の桜。
三重櫓とともに、約4千本の桜が照らし出され、
人々は春の宵を満喫する。

第2話 水芭蕉

雪解けの頃、一斉に花を咲かせる水芭蕉。
花言葉は「変わらぬ美しさ」
可憐に咲き誇る白い苞(ほう)が、
春の訪れを感じさせます。

第1話 春を待つ美人林

スノーシューを履いて、白銀の美人林へ。
冬の静かな森の中では動物の足跡を発見。
空に向かって真っすぐに伸びる美人林が、
枝に雪の花を咲かせて輝いています。