過去の放送内容

#01 開志国際高等学校 バスケットボール部

■ 2019年2月2日(土)

2018年、インターハイで創部5年目にして全国優勝という偉業を成し遂げた開志国際高等学校のバスケットボール部。
3年生が抜け、先輩の後を追いかける1・2年生。
プレッシャー・喜び・挫折を味わいながらも成長しひたむきに頑張る姿に密着。

#02 東京学館新潟高等学校 フィギュアスケート

■ 2019年3月2日(土)

フィギュアスケートの特別強化指定選手として、2017年には近県大会で準優勝・インターハイに出場するなど輝かしい成績を残してきた鈴木愛理選手。
栄光と挫折、酸いも甘いも全て噛み分け、前に進む一人の高校生に密着。

#03 長岡大手高校 村山ななさん 長岡農業高校 木幡菫さん

■ 2019年4月6日(土)

ダンス世界大会で2連覇という快挙を成し遂げたダンスチーム「CHIBI UNITY」 そのメンバーとして頑張る2人の女子高校生。長岡のレッスンスタジオでは高校生であるにもかかわらず講師も任された2人。 さらなる高みを目指し、日々向上心を持って奮闘する2人の様子に密着。

#04 北越高等学校レスリング部

■ 2019年5月11日(土)

7人対7人で戦う団体戦に4人だけで臨む北越高校レスリング部。 一人でも負ければそこで終わり。そして県内唯一の女子選手もいる。 人数が少ないため試合経験を積むことが難しい中、全国大会に挑む彼らの戦いの軌跡。高校生らしい将来の夢も聞いた。

#05 新潟高等学校漕艇部

■ 2019年6月8日(土)

新潟県内で最長の歴史を持つ部活動の一つ、新潟高校漕艇部。
しかし、ボート競技は今や人気競技ではなく、県内で部があるのはたった三校。 しかも、新潟高校は強豪とは言えない。彼らは何に向かってボートを漕ぐのか!?
伝統を背負い文武両道を期待されつつ、過酷な競技に臨む高校生の純粋な姿を追う。

#06 新潟清心女子高校ダンス部

■ 2019年7月13日(土)

昨年、新潟県の総体で優勝し、全国規模の創作ダンスの大会でベスト4に輝いた清心女子ダンス部。今年も県内連覇と全国ベスト4以上を狙う。しかし県総体3か月前、3年生のキャプテンが大ケガをする。チームの大黒柱のケガにメンバーは動揺。県総体まで時間がない。高校生活最後の県総体。受け入れたくない現実と向き合いながら奮闘する彼女にカメラが密着。

#07 白根高等学校凧部

■ 2019年8月3日(土)

300年以上の伝統を持つ白根大凧合戦に高校生チームとして参加する白根高等学校凧部。 地域の大先輩、凧名人に教わりながらの凧作りから凧合戦本番までを追う。
凧合戦では、大人のチームに負けないよう全力で走り、綱を引き合い、悲願の1勝を目指す。凧部には高校生同士の大会はない。地域の大人と一緒になって関わって、競って、時に怒鳴られて、教わって、成長する。唯一無二の部活動だ。